「いなり、こんこん、恋いろは。」BD/DVD絶賛発売中/6.14・15「いなりんぴっく2014」開催・・・聖地巡礼6をUP<最終記事更新>3月27日
カテゴリ:サバイバルゲーム( 9 )
レインメーカー作戦
6月26日、晴れ。
梅雨入りしたにもかかわらず、30度を越える記録的な夏日。
そんな、空梅雨に少しでも期待して込めた作戦名「レインメーカー」。
「(魔術で)雨を降らせる人」という意味。もっと砕けて「雨男」なんてのもいいかも。
俺が個人的に命名したので、実際にこういう作戦名はありません。(たぶん)

この日のゲーム参加者は17名。
うち、我が小隊は2名の参加。(俺と会社の後輩)
全体的にいつもよりちょっと少なめかな?

「赤」チームと、「黄」チームに分かれる。
我が隊は「赤」チーム。
今日の組み合わせ、我が「赤」チームには若干名のビギナーさま。
そして迎え撃つは、ベテラン揃いの「黄」チーム。
ハンディキャップだとか、勝負が目に見えたとかは思わなかったですよ。
むしろ、自分がどこまでやれるか腕試しになる!と思ったくらいですから。

京都の山奥、川と、山と、森に囲まれた超自然派フィールド。
制限時間内にフラッグを取るか、相手を全滅させるかの「フラッグ戦」。
  a0026568_0493782.jpg
詳細は省略しますが、1回も勝てませんでした。残念。
が、しかし全敗という事はなく何回かは時間切れに持ち込む事も出来ました。
あっさり戦死する事数回、敵を倒す事数回。
自分的には、満足のいく内容だったと思う。
ちなみに、後輩は誰も倒す事が出来ずへこんでましたけど。
(写真は後輩N谷隊員:WWⅡ米陸軍空挺隊装備だそうで)






ゲームをする場所は山のふもとで、北山杉に囲まれているため
平地より若干気温は低いものの、暑さは変わらず、一戦終わる毎に脱水状態。
自然の驚異を甘く見ていたため、500mlのウーロン茶では叶わず
現地で、350mlコーラ×2、500mlお茶×2 追加。
一日でおよそ3Lを消費。
あまりのハードさに少し気分も悪くなりそうでした。
ひょっとしたら、軽い熱中症だったのかもしれません。
a0026568_05339.jpg

正規隊員は4名いてますが、仕事の都合で全員揃うと言う事がままなりません。
隊員は随時募集中です。a0026568_0573899.jpg
サバゲに興味のある人、チームに入りたいと思ってる人。そんな人がいれば遠慮なく手を上げてください。
ただし、18歳以上で常識のある人ね。
コレ大事!
あと、関西在住がベストです。
なにげに隊員募集してみました。
あなたが来るのを待っています。
[PR]
by tobeyan | 2005-06-28 01:00 | サバイバルゲーム
戦闘準備
a0026568_23461155.jpg警察の武器押収写真ではありません。
明日のサバゲ(サバイバルゲーム)の準備です。

弾込めて、バッテリー充電して、カバン用意して・・・。

小学生の遠足前日のようにワクワクします。
そんな俺も30歳

ちなみに、右の銃はAK-47。
自由革命戦士の銃。
テロリスト御用達。
[PR]
by tobeyan | 2005-06-25 23:49 | サバイバルゲーム
春の目覚め
ようやっとこさ、「春」と胸張って言えるようになりましたね。
そろそろ冬服は片付けないと・・・。

先日、日曜日。
京都の嵐山奥地にあるサバイバルゲームフィールド「エピング・フォレスト」に行ってきました。
サバイバルゲームフィールドなので、もちろんやることはサバゲです。
ここの施設は、完全屋外で自然の地形を利用したフィールドです。
川が流れ、北山杉が立ち並ぶ完全な「山」です。
専用地なので、ゲームをやらない人は入ってこれません。
環境問題も踏まえ、使用するBB弾(6mmのプラスチック)はバイオ分解され
2年後には土に返る「バイオBB弾」を使用しています。

この日は「二府(大阪・京都)VS四県(兵庫・奈良・滋賀・和歌山)」のイベント戦で
総勢50人対50人が大激突。
軍服姿の人間がこんだけ集まってると、もうなんかヤバイ集団のように見えます。
a0026568_081350.jpg


二手に分かれて、制限時間内に相手を全滅させるか、フラッグを奪取したほうが勝ちです。
しかし、これだけ人数が多いので相手を全滅させる事は不可能です。
戦略を練り、効率よく相手チームをやっつけていかなければ勝利もままなりません。

プラスチックの弾の撃ち合いなので、相手に当たっても血は吹き出ません
弾が当たった人は、速やかに「ヒット!」と大きくコールして戦場を去ります。
すなわちこれが「戦死」です。
自分の弾が相手に当たったかどうか判断する基準はありません。
なので、当たったら自己申告をするのです。
「当てたのに、当たってない」とケンカになるとゲームどころではありません。
まあ良識にまかせるしかないですね、こればっかりは。
卑怯なことばっかっりやってると、当然誰も相手してくれなくなります。
今のところ、こういうトラブルに出くわした事ないですけどね。

斜面が多い地形なので激しく体力を消耗します。
腹が減ってはなんとやら。
「NO BORDER」
a0026568_0243773.jpg



なんせ人数が多いのでどこから撃たれるかわかったもんじゃありません。
何人か相手を撃つものの、2回ほど敵か味方かわからない流れ弾に当たって戦死。
悔しいと言うよりも「アレ~」と言った拍子抜けな感じです。


いろんなとこから、いろんなチームが来ています。
常連さんチームありゃあ、初参加もあったりで。
うちのチームも少ないながら、イベント戦にはよく参加してるほうなので
まあまあ常連てとこですかねえ。

基本的にサバゲのカッコに正式なスタイルと言うものはありません。
個人個人好きなカッコして遊んでます。
迷彩服がなければ遊べないわけではありません。まったくの自由。
実物さながらもよし、コスプレもよし、第二次大戦ものもよしなのです。



a0026568_0385990.jpg
ちなみに俺はいつもこんなカッコでやっています。
[PR]
by tobeyan | 2005-04-19 00:41 | サバイバルゲーム
THE ROCK 閉店
関西ならずともサバゲファンには結構有名だった、インドアフィールドの「THE RAOCK」が
今年11月27日をもって閉店が決まった。

ここは、俺が所属するサバゲチームの旗揚げにもなった場所だけに思い出深い。

閉店への経緯はわからない。
様々な理由が考えられるが・・・。

俺が思うに、立地条件が悪すぎる。
最寄駅から異様に遠い。
大概のお客さんは車で来るにしても辺ぴな場所すぎる。

行った事ある人しかわからないだろうけど、フィールドの作りが飽きやすい。
いつ行っても一緒だし、攻めにしても守りにしてもワンパターン化になりがち。

また、少数で行くとすぐにゲームが終わるのでまったく話にならない。
いつ来るかわからないよそのチームを待つもどかしさ。
時間単位で料金払っていると、まったくのムダになってしまう。

フィールドの雰囲気はすごく好きなんだけどな。
鉄工所の中に、廃バスあったりパトカーあったりと気分を盛り上げてくれる。
非常によい物を持ちながら活かしきれていないのが残念だ。
a0026568_2251865.jpg


サバイバルゲームという遊びが、危険だとか野蛮だとかいまだに思われている。
山や河川敷を勝手に使い近隣に迷惑をかけないために、こうしたインドア施設が
あるというのに、それがなくなるというのは寂しい限りです。
[PR]
by tobeyan | 2005-02-12 02:28 | サバイバルゲーム
京都府警察年頭視閲式
平成17年度 京都府警察年頭視閲式が京都会館前の二条通で行われた。
いったい何やねん?という方のために平たく言うと、「パレード」です。

府内の各署(一部)から集まった警察官・機動隊員などが職種ごとに整列し
お偉いさんのなが~い話を聞いたあと、通りを行進するわけです。

一般市民に広く理解を深めてもらうためか、策や入場制限とかいったものはなく
かなりオープンな感じがしたのは好印象です。

9時半に式典が始まり、知事や公安委員長などの挨拶が延々30分近く続く。
そこはさすが警察官と言うか、ビシっと揃っておりアホ学生のようにフラフラしたりは
していなかった。まあ大人ですから。

10時頃挨拶が終わり第1部終了。

第2部はいよいよお待ちかね、部隊行進です。

最初にやってきたのは、各都道府県で導入されつつある新型プロテクターとシールド
を持った機動隊員。
a0026568_23541050.jpg


旧式のと比べだいぶデザインがカッコよくなってます。
ボディを含め、腕・足にいたるまでプロテクターで固められいかにも頑丈そうです。
シールドもジュラルミン製(あさま山荘などでおなじみのあの銀色の盾)から硬化プラスティックにかわり従来の装備からかなり軽量化されています。

京都府警には全国の警察でもめずらしい「平安騎馬隊」があります。
a0026568_0172054.jpg

1994年、平安建都1200年を記念して創設されました。8頭います。
おもに、京都で行われる大きな祭りで見かける事が多いです。
祭りでないときも平安神宮・北野天満宮・二条城で見る事が可能です。

この他に、鑑識・通信隊や交通指導員など見る事ができました。

人の行進が終わったあとは、車両関係です。
さまざまなタイプのパトカーや特殊車両がが列を成して行進する様はまるで
西武警察のエンディングのようです。
しかし、ろくな写真が撮れず悔やまれます。
a0026568_027223.jpg

唯一まともに撮れた白バイ隊の写真。

特殊車両は、放水車や爆弾処理車など通常お目にかかることがないものだらけ。
できれば出動して欲しくないけどね。

すべての行進が終わったあとは、これといったものはなくマニアの人はさぞ残念だった
事だろう。せめて、車両の展示披露するとかぐらいはあってもいいと思うぞ。

警察マニアっていうほど詳しくないけど、興味はあったので今回行ってまいりました。
しかし、なにゆえ平日にやるのか不明。
深く府民に理解を求めるなら、みんなが休みの週末を選ぶべきやろ。
公務員が土・日休みやからか?
しかし、警察に休み関係ないがなっ!
[PR]
by tobeyan | 2005-01-29 00:41 | サバイバルゲーム
深まる秋に備えて戦闘態勢
やっと秋らしくなってきた。
夜明けはだんだん遅く、日暮れは早く。
樹木も色とりどりになる日はそう遠くありません。

「食欲の秋」「芸術の秋」「スポーツの秋」・・・そして「サバゲーの秋!

暑くなく寒くなく、サバゲやるにはもってこいの季節なのです。
夏は仕事が忙しく、思った日に休みが取れなかったり。
また、取れたとしてもメンバーが不揃いだったりするため夏季は休業です。

つい先日もサバゲやってまいりました。京都の某所で行われるイベント戦です。
50人 VS 50人。想像を絶する団体戦。
飛び交う弾丸、一人また一人と次々と銃弾に倒れていく戦友。
実戦さながらのゲームはいつにもましてドキドキ感倍増でした^^

ごくたま~に、こうやって交流を兼ねたイベント戦をするのですが
通常は20~30人くらいのゲームがほとんどです。
今度行くときもたぶんこれくらいの人数でしょう。

ところで、「サバゲ」ってどうなん?と、たまに質問されますが
俺は趣味が高じた遊びだと認識しています。

よく「戦争ゴッコ」と揶揄されますが、遊びと言えどみんなルールを守って真面目に
やっています。
こだわる人はとことんこだわり、現用米軍装備に身を包んでみたり、WW2時代のドイツ軍・
日本軍・アメリカ軍など時代設定に基づいた装備を着こなす人がたくさんいます。
また、銃にしたって既製品はもとより自分オリジナルの銃を携えて来る人もいます。
これを単純に「戦争ゴッコ」などで締めくくってほしくないですね。

一番大切なのは「楽しむこと」です。
そうでなければやっぱつまらないものになってしまうから。

艶姿戦場息子之図(期間限定公開)
[PR]
by tobeyan | 2004-10-11 00:58 | サバイバルゲーム
50人 VS 50人
今月末、よく行くサバゲフィールドで行われる「二府VS四県戦」に参戦決定です。
年に数回行われる大会なんですが、いつも参加者で定員いっぱい。
今回も早い段階で定員に達したようです。

さて、話が前後しますが「二府VS四県戦」てなに?な方のためにご説明致します。
私が住んでる京都府そして大阪府の二府、兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県の四県で
争われる、「地域」対「地域」の大型サバイバルゲーム大会のことなのです。

各チーム・個人50人/50人を二府×四県に分けて争う大掛かりな交流戦です。
ふだん見かけないチームもあれば常連さんチームもあり、知らない者同士でも一緒になっ
て楽しく盛り上がろうと言うのがこの大会の主旨でもあります


通常20人くらいでサバゲすることが多いのですが、この大会は予想以上に人が多く
死ぬ(ヒットする)確率が大幅UP!
玉砕するもよし、最後まで生き残るもよし楽しみ方は十人十色です。
知らない人同士でも、お互い声掛け合って戦ったりするうちに連帯感みたいなものも
生まれ、それが自然にゲームにも繋がっていきます。

後日、この様子をまた報告させてもらいます。
天気がよければいいのですが。
[PR]
by tobeyan | 2004-09-05 02:00 | サバイバルゲーム
大人のためのサバイバルゲーム~その2~
今のエアガンの主流は電動ガンです。
「東京マルイ」というメーカーが15年くらいに発売して以来
またたく間に全国のサバイバルゲーマーに広がっていきました。

それまでエアタンクを背中に背負い、戦場を駆け巡っていたようです。
その頃私は、まだその存在すら知りませんでしたが・・・。

さて、その電動ガンのいいところはそのエアタンクが不要 なことです。
そのせいで、機敏に動き回れるようになったのは言うに及びません。
また、電動であるため連射が可能です。コッキング(1発ずつしか撃てない)式に
比べるとはるかに便利です。
タンクがいらずに連射が可能。これが売れないわけがありません。

銃のフォルムも実銃そっくりで、重さも大差ないようにできてます。
この辺はメーカーのこだわり、ユーザーへの配慮でしょう。

いいことばかり書いてきましたが、デメリットもあります。

バッテリーが重い。
バッテリーの持続時間が短い。
激しいダメージに弱い。

などなど、細かい部分でまだまだ改善すべきところがあります。
今後のメーカーの努力に期待。
[PR]
by tobeyan | 2004-06-25 15:24 | サバイバルゲーム
大人のためのサバイバルゲーム
a0026568_0584.jpg
カテゴリ立てたはいいけどなんも書いてなかったや。

サバイバルゲームって何?て人のためにちょこっと説明すると
「空気やガスを使って銃でプラスティックの弾を当てあいっこするゲーム」です。

子供が銀玉鉄砲で遊ぶ、アレが発展した大人のための遊びなのです。
いい大人が・・・て人がいるかもしれないけど、これも立派な趣味・遊びなのです。

現用実銃(昔のもある)を模したエアガンを持ち、迷彩服に彩られアウトドアを
駆け巡る・・・。
戦争映画やアクション映画に憧れたことのある人は一度はその姿を自分に
照らし合わせたはず。そんな夢にも思えたことができるのがこのサバイバル
ゲーム(以下、サバゲ)なのです。

迷彩服がなくても、エアガン・ガスガンとゴーグル(目を守るためのもの)さえ
あれば誰もが楽しめます。あとはその人個人の趣味や嗜好に委ねられる。

さて、タイトルにもあるように「大人のための」とあります。
なぜ子供はダメなのか、

ひとつに、各銃における年齢対象が18歳以上とあるのが
ほとんどです。(最近は10歳以上のもある)
要するに未成年はどうかなあてヤツです。あくまで対象とあるので
使用禁止ではありませんが。

ふたつに、弾が当たるとそれなりに痛いです。
ケガやどうのこうので責任問題にも発展しかねない。
なので、18歳の成年なら自分で責任を負うことができるから。

などなど、遊びといえどある程度責任が付いてまわるからです。
鉄道模型にそんなことはないっしょ?

あと、けっこう趣味って物によっちゃお金かかりますよね。
なので、ある程度資金がないと遊べないのもつらいとこです。

まだ他にもあるかもしれませんが、俺が考えるのはこんな
理由だからです。

まだまだ書き足りないのは今回はこれまで。
大人のためのサバイバルゲーム~その2~に続く・・・
[PR]
by tobeyan | 2004-06-13 00:58 | サバイバルゲーム



きっと何者にもなれないお前たちに告げる
by tobeyan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
自己紹介
◆名前◆ 
ナイス30’s な「とべやん」です

◆年齢◆
40歳が見えてきた38歳

◆仕事◆  
大阪の某放送局でお仕事中

◆最近のお気に入り◆
iPhoneは手離せない

ブログパーツ
カテゴリ
全体
日記
オススメ!
気になること
いくぜ!MTB
ゲーム小僧
マンガ小僧
はんなり京都
京都の説明書
ガンダム カードビルダー
映画の窓
築城日誌
1枚の写真
I LOVE Tシャツ
大人なおもちゃ
子育て
築城日誌
舞台探訪
ドッツ(dots)
フィギュアの世界
サバイバルゲーム
今週のブログテーマ
動画
歩数計
タグ
(154)
(45)
(29)
(23)
(21)
(21)
(20)
(19)
(16)
(13)
(11)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
ライフログ
おすすめマンガ
おすすめブック
オススメCD
おすすめDVD
フォロー中のブログ
(試運転中)
WorldlyDesires
12345
Fuxokあれこれ
はい こちらサポセン。
ぽっとの陽だまり研究室
エムログ
もっと Hashi-motto
シャペルの部屋
山崎絵日和 黎明編
吉村智樹の街がいさがし ...
VOODOOな日々
ぱんでもにぅむ・ぶろぐ
マイ・ファニー・タクシー...
色白美人*イロジロビジン*
HipDrops
KIBE.POSSIBL...
週間山崎絵日和
自転車ゆるり 新着案内(...
へうげもの offici...
tomomilk
とりあえず
*******
みなみ千里のおばちゃんロック
以前の記事
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 08月
2013年 07月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 02月
2010年 09月
2010年 07月
2009年 12月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧