「いなり、こんこん、恋いろは。」BD/DVD絶賛発売中/6.14・15「いなりんぴっく2014」開催・・・聖地巡礼6をUP<最終記事更新>3月27日
タグ:京都 ( 45 ) タグの人気記事
いなり、こんこん、恋いろは。聖地探訪6
放送も無事最終回を迎え、原作とはちがった形となりましたがいい感じでしたね。

だが、小生の聖地巡礼はまだ終わりを迎えてない!!
がんばって最後まで巡ることにします。

天気もよくなってきたし長い冬を通り抜け春がそこまで来てるさかいな。(京風に)

前回に引き続き第6話も夏休み・海水浴パートが大半を占めてるので
伏見稲荷神社を中心にUPしていきます。

★楼門横
a0026568_23364131.jpg
a0026568_23453877.jpg
コンビに帰り、表参道から楼門通らず脇の道から家に向かうルートと推測。
ただ思うに、昼も行ってんのやったら買いもんは一回ですましとけっちゅう話です。

★階段から表参道方向
a0026568_23454523.jpg
a0026568_23471793.jpg
場所はほぼ上記と同じ。
アングルが違うとお考えください。
写真向かって、左が表参道右が裏参道。
自転車も通れますが、人が多いので徐行運転で。

★講務本庁とおみくじ結び場
a0026568_23472115.jpg
a0026568_23472648.jpg
奥の立派な建物が「講務本庁」。つまり全国稲荷神社の本社建物。
いい縁が結ばれるといいですねぇ。ただ稲荷神社は商売の神様ですw

★本殿裏の鳥居
a0026568_23473187.jpg
a0026568_23474069.jpg
後ろから付いて来たうか様にグリグリかます燈日。なんてバチあたりな。
好きな子にはちょっかい出したくなる中二病的行動か!?
昼と夜とでは景色が全然違うのも特徴です。

★自宅へ帰る道1
a0026568_23474652.jpg
a0026568_23475108.jpg
昼間と同じ場所のため、前回の写真をそのまま流用。
ってか、背景も流用っしょ?

★自宅へ帰る道2
a0026568_23475811.jpg
a0026568_23480426.jpg
横アングルです。
ピタリとくる画がなかったのでまぁだいたいこの辺で。

★楼門前の鳥居
a0026568_23480990.jpg
a0026568_23481814.jpg
ご覧のように、楼門後ろから朝日が昇ってるので向こう側が物理的に東ということになります。
この配置関係は忠実に守られています。
ロケハン部隊がかなり優秀と見た。

★石碑前
a0026568_23482255.jpg
a0026568_23484001.jpg
燈日が子供の時、迷子になってしゃがんでた場所。
おそらくここだと思うのだけど・・・。
この石碑の前が、八島ヶ池になります。
子どもが夜にこんなとこ来て迷ったらめちゃ怖いわ。

今回も、あまりネタ少なくてすいません。
人が多い時間帯もあり、なかなか人がいないチャンスを撮るというのは至難です。

あと残りもがんばって撮ってきます。( ´Д`)ノシ

※舞台比較に用いた画像は「いなり、こんこん、恋いろは。」第6話より引用しています。
なお、著作権は©2014 よしだもろへ/KADOKAWA 角川書店刊/いなり製作委員会に帰属します。



[PR]
by tobeyan | 2014-03-27 00:27 | 舞台探訪
いなり、こんこん、恋いろは。聖地探訪5
また間が空いてしまった・・・しかも、今夜がMXで最終回・・・いや、今週放送で最終回!!

ま、きばっても追いつかないのでゆるりと紹介していきます。

夏休み突入したいなりは、日本海のどこぞの海へ行きますが遠いので
聖地はまぁ気が向けば行こうかな。

★いなりのお気に入りの場所1
はい、もうおなじみの奥社奉拝所を少し先に行ったところにある場所。
うか様が必ずゲームやってるところから入るのはお約束。
a0026568_23521527.jpg
a0026568_23523428.jpg


★いなりのお気に入りの場所2
続いて、別アングルから。
季節が冬だから、どうしても色感が違いすぎるのは否めません。
a0026568_23534694.jpg
a0026568_23544024.jpg


★八島ヶ池手前の祠
調査不足でここの名称がわかりません。
ただ納札所とも書いてあるのでそういう場所かと。
この位置からうか様が燈日を見つけますが、人間はまず無理ですねっ
てなくらい距離感があります。
本殿から左手の方角にあります。
a0026568_063197.jpg
a0026568_064854.jpg


★デイリーヤマザキ伏見稲荷大社前店
コンビニから出てきた燈日。おそらく自宅に向かうものと思われます。
第1話を参照すると、稲荷大社の中を通る方が近いのかな?
ちなみに、コンビニ前が表参道になります。
24時間営業ではありません。
a0026568_02663.jpg
a0026568_0262558.jpg


★本殿横の鳥居
ここをくぐって左のほうに行くと、八島ヶ池方面。
右へ行くと千本鳥居・奥社奉拝所方面に続く。
おみくじ結ぶ場所になってます。
a0026568_0303718.jpg
a0026568_033131.jpg


★うかに気づく燈日
さきほどの、うかが見つけた逆アングルになります。
時系列で言うとコンビニ向かう→うかに見られる→コンビニで買物→本殿通る→うかに気づく→
通り過ぎて自宅に戻るってとこでしょうか。
しかし、燈日がコンビニから帰ってくるまで待ってるうか様が健気ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!
a0026568_037272.jpg
a0026568_037448.jpg


★自宅のある方向へ
これも一連した同じ場所になります。
しかし、何度見てもここには鳥居がない・・・。
a0026568_0402110.jpg

a0026568_0394950.jpg


第5話がほぼ海水浴での話しなので伏見稲荷においての映像は少なめです。

※舞台比較に用いた画像は「いなり、こんこん、恋いろは。」第5話より引用しています。
なお、著作権は©2014 よしだもろへ/KADOKAWA 角川書店刊/いなり製作委員会に帰属します。
[PR]
by tobeyan | 2014-03-20 00:44 | 舞台探訪
いなり、こんこん、恋いろは。聖地探訪4
大変長らくお待たせいたしました。
2月は繁忙期および風邪で長らくダウンしておりまして、探訪ままならぬ次第でした。
楽しみにされてた方まことに申し訳ありません。

では、お待ちかねの第4話から。

★奥社奉拝所1
この物語でいちばん登場回数の多い場所といっても過言ではない。
千本鳥居を抜けたところにあります。
そして場所選ばずの、乙女ゲー大好きうか様。
うか様が遊んでるゲームの元ネタはだいたいわかると、ツイ友さんは言ってました。
乙女ゲーはさっぱりわからんとです。
a0026568_0275884.jpg
a0026568_0295721.jpg


★奥社奉拝所2
うか様に会いに来たいなり。
東西南北で言うと千本鳥居が「西」、いなりが登ってきた階段は「南」
a0026568_13392382.jpg
a0026568_13403056.jpg


★奥社奉拝所3
祭りの準備をする人たち。
当たり前だが、祭りの時以外にちょうちんは飾られない。
a0026568_13444849.jpg
a0026568_13453176.jpg


★京阪・伏見稲荷駅
いなり×京阪のコラボフリーチケットのモデル駅。
今ならチケットと「京阪電車 伏見伊奈里駅」と看板を模したステッカー付き。
a0026568_13521182.jpg
a0026568_13523581.jpg


★京阪・伏見稲荷駅臨時券売所前
普段はシャッターが閉じられている。初詣や祭りの時にだけ御開帳。
思わず振り返りたくなるくらい墨染さんはカワイイ。アングル違いですいません。
a0026568_13533437.jpg
a0026568_13554464.jpg


★駅前待ち合わせ場所1
駅前のラーメン屋「中華そば 麺工房 轟」
実際は「中華そば 麺好坊 蓮」
方角で言うといなりは稲荷神社方向から来たことになる。
墨染さんはやはり墨染駅から来たのだろうか?
a0026568_14277.jpg
a0026568_1423646.jpg


★駅前待ち合わせ場所2
駅前の薬屋さん。ダルマ薬局。
オレンジの「薬」と書いた看板は、牡蠣肉エキスで覆われている。
a0026568_14102194.jpg
a0026568_14104893.jpg


★駅前待ち合わせ場所3
さきほどのラーメン屋のアングル違い。
a0026568_1412585.jpg
a0026568_14132448.jpg


★懐石カフェ・蛙吉
意外と知らない人が多い隠れ家的カフェ。原作者のよしだもろへも来店している。
a0026568_14181472.jpg
a0026568_14183750.jpg


★神社への抜け道1
駅前通はアホみたいに混むので、この道を通るのは地元民ならでは。
しかし暗がりで女子ふたりが通るのはどうかという道でもある。
テラ子安接近!!w
a0026568_1421324.jpg
a0026568_14212450.jpg


★神社への抜け道2
人二人並んでも窮屈な道。
そこへ京子ちんのソバット炸裂。
イッテQの宮川大輔並みのキラキラ加工w
a0026568_14252714.jpg
a0026568_14324641.jpg


★神社への抜け道3
トシを遠ざけるためにいったん離れるいなり。
a0026568_14422337.jpg
a0026568_1443032.jpg


じつはまだ途中ですが、いったんUPします。

※舞台比較に用いた画像は「いなり、こんこん、恋いろは。」第4話より引用しています。
なお、著作権は©2014 よしだもろへ/KADOKAWA 角川書店刊/いなり製作委員会に帰属します。
[PR]
by tobeyan | 2014-03-06 14:48 | 舞台探訪
いなり、こんこん、恋いろは。聖地探訪3
雨上がりの日曜日、昼からなんとか天気回復したので
本日も第3話の聖地探訪に行ってまいりました。
ここしばらくあったかい日が続いているので、機動力がチャリの自分としては助かります。

★OPその5(聖地探訪1からの続き)
a0026568_1831278.jpg
a0026568_1845525.jpg
1話目から気になっていた
三条さんと墨染さんが歩く通学路。
ここは難しいなぁと思ってたら、なんと今日偶然に発見。
住宅街なので場所の特定は控えますが、おなじくOP4のぬりこべ地蔵の
ルートにも繋がってます。
画の通り野良ネコちゃんがウロウロしてました。

★裏参道から楼門へ続く道
a0026568_18161486.jpg
a0026568_18165236.jpg
うかに結界を張られ近付けなくなった大年神ことトシさま。極度のブラコン。CV子安武人はベストマッチ。

★いなりのお気に入りの場所付近1
a0026568_18191098.jpg
a0026568_18194338.jpg
いなりの神通力暴走がうかに伝播して倒れてしまう。
実際は人が倒れるにはちとせますぎる幅。

★いなりのお気に入りの場所付近2
a0026568_1824050.jpg
a0026568_1828112.jpg
お供えの稲荷寿司を持ってきた燈日が倒れるうかを発見する。
ちょっとアングルずれてますがご勘弁。

★いなりのお気に入りの場所付近3
a0026568_1831819.jpg
a0026568_18324773.jpg
あまりのつらさに燈日に抱きつくうか。中二病なのにw
ハイアングルで撮るには機材というものが必要。

★いなりのお気に入りの場所付近4
a0026568_18362067.jpg
a0026568_18364355.jpg
座り込んで話す二人
横並びだとかなりきゅうきゅうになる階段。

★いなりのお気に入りの場所付近5
a0026568_18385880.jpg
a0026568_18392160.jpg
上記の位置バックからのアングル。

★いなりのお気に入りの場所付近6
a0026568_18414499.jpg
a0026568_18423387.jpg
いなりに心配させたくないがために燈日にお願いするうか。

★おまけ
a0026568_18431714.jpg
先週はなかったうか様のスタンドポップが伏見稲荷神社内に登場。
京阪のコラボとはまた別の模様。
しかし、こんなことをやってのける伏見稲荷大社は偉大であり寛大です。

今回は中学校と稲荷神社ぐらいしか出てきませんでしたので少ないです。高天原は別格でw
藤草中学校の中には入れない・・・

※舞台比較に用いた画像は「いなり、こんこん、恋いろは。」第3話より引用しています。
なお、著作権は©2014 よしだもろへ/KADOKAWA 角川書店刊/いなり製作委員会に帰属します。
[PR]
by tobeyan | 2014-02-02 18:53 | 舞台探訪
いなり、こんこん、恋いろは。聖地探訪2
冬はどうしても曇りがち。
天気がよくないのと、夜から所要があったので月曜日に順延。
朝は曇ってたけど、昼前から急にお日様が!奇跡。
ってことで、いなこんの第2話の聖地探訪行ってまいりました。

★OPその4(前回の続き)
a0026568_2272649.jpg
a0026568_2281594.jpg
伏見稲荷神社の中を探しても見つからない・・・
ん、よく見りゃ卍マークって寺院やん。
「ぬ」と「地」から捜索かつ伏見稲荷からの近所と想定したら見つかった。
「ぬりこべ地蔵」
歯痛封じのご利益があるそうな。

★楼門前1
a0026568_229652.jpg
a0026568_22133789.jpg
うかさまはいつも乙女ゲームをやっとるねw
キツネ型DS・・・わりかしすぐ近所に任天堂の旧社屋もあったりする。

★楼門前2
a0026568_2210634.jpg
a0026568_22135286.jpg
御使い狐のロロとシシ。
見た目で区別がつかない。語尾が「じゃ」がシシで、「でしゅ」がロロ。
でも、たぶんすぐ忘れる。

★いなりのお気に入りの場所向かい
a0026568_22105688.jpg
a0026568_22144049.jpg
うか様のうしろの道案内が目印。

★高天原
a0026568_2225787.jpg
a0026568_22253569.jpg
日本神話に欠かせない場所。
平安神宮の「応天門」がそれっぽく見えるんだが・・・。


★伏見稲荷神社入り口
a0026568_22273269.jpg
a0026568_222897.jpg
ここの対面に最寄駅のJR稲荷駅があるのだが、登場人物の都合上JRはスルーされるw


★京阪伏見稲荷駅スロープ(出町柳方面)
a0026568_22293366.jpg
a0026568_22303232.jpg
ほぼ忠実に再現。

★京阪伏見稲荷駅券売機前
a0026568_22312527.jpg
a0026568_22313767.jpg
左の券売機は旧型機。
今は液晶画面タッチ式に変わってます。

★京阪伏見稲荷駅改札口
a0026568_22321135.jpg
a0026568_22322373.jpg
これもほぼ忠実に再現。
墨染さんはやっぱりカワイイ。

★地下鉄蹴上駅
a0026568_22353157.jpg
a0026568_2236524.jpg
京阪からいきなり地下鉄。
地元民はわかりますが、三条駅から京都市営地下鉄東西線に乗り換え下車した模様。
難読駅名のひとつ。


★地下鉄蹴上駅前・三条通沿い
a0026568_22373516.jpg
a0026568_22374873.jpg
ここも再現度高し。


★蹴上インクライン下トンネル通路
a0026568_2238690.jpg
a0026568_22382466.jpg
インクライン跡地の下を抜ける通路。
春は桜の名所で人がごった返す場所。
インクラインが何かは調べてね。


★東山中学・高校
a0026568_22391086.jpg
a0026568_22394523.jpg
下車した駅から最寄の学校はここしかないのだが、だいぶちがう校舎と入り口。別モデル校舎ありかな?
京都市内で数少ない男子学校。昔は学ランだったが今はブレザー。時代の流れか。
余談ついでに通称「ガシ中」「ガシ高」と地元民は呼ぶ。


★いなりのお気に入りの場所
a0026568_22405823.jpg
a0026568_22411277.jpg
前回取りこぼしたため再撮。奥社奉拝所からすぐの場所。


神さまのいたずら道中は探しにくかったので割愛。
南禅寺付近と推測。


次回もお楽しみに。

※舞台比較に用いた画像は「いなり、こんこん、恋いろは。」第2話より引用しています。
なお、著作権は©2014 よしだもろへ/KADOKAWA 角川書店刊/いなり製作委員会に帰属します。
[PR]
by tobeyan | 2014-01-27 23:37 | 舞台探訪
いなり、こんこん、恋いろは。聖地探訪1
京都を舞台にした新しいアニメ「いなり、こんこん、恋いろは。」(以下:いなこん)が始まりました。
京都は伏見を舞台にして繰り広げるラブコメです。
有頂天家族がタヌキなら、いなこんはキツネですw
まぁ、主人公はキツネじゃないですが。

前置きはこのくらいにして

★OPその1
a0026568_23524515.jpg
a0026568_23533298.jpg
1589年に造営された楼門
大きなおきつね様が迎えてくれます

★OPその2
a0026568_2354122.jpg
a0026568_23543416.jpg
京阪電車・伏見稲荷駅前
「伊奈里」は原作の設定上そうなってるので、この駅名は実在しません。
墨染さんはカワイすぎますw

★OPその3
a0026568_23554760.jpg
a0026568_2356928.jpg
裏参道
いなりちゃんの兄貴・燈日が勢いよくチャリで下っていきますが
参拝者も多いので混んでるときは真似しちゃダメです。
名物・すずめの丸焼きは一度食すべし!

★いなり幼少時(回想シーン)
a0026568_23591321.jpg
a0026568_23593948.jpg
ツインテールのいなりちゃん

★通学路1
a0026568_00772.jpg
a0026568_003544.jpg
勢いよくかけていくいなりちゃん

★通学路2
a0026568_043625.jpg
a0026568_051051.jpg
チャリで追いかける燈日

★通学路3
a0026568_053382.jpg
a0026568_055533.jpg
チャリの燈日と別れて別ルートを進むいなりちゃん
朝の通学時間帯なので茶店はまだ開店前。
工事フェンスは「八島ヶ池」のためのもので、今はキレイに改装完了です。

★通学路4
a0026568_062072.jpg
a0026568_064226.jpg
ショートカットを試みるいなりちゃん
ここに鳥居が以前あったのか定かではありませんが、
このあたりもキレイに整備されてるので撤去された可能性はあります。

★通学路5
a0026568_072141.jpg
a0026568_07384.jpg
区画整備されてるせいか、橋の雰囲気が以前のものと違います。
夏場はもっと青々していますw

★奥社奉拝所1
a0026568_08546.jpg
a0026568_093276.jpg
千本鳥居を抜けた場所にある鳥居です。
初代のキービジュアルにもなってた場所です。
「おもかる石」や「キツネ顔型絵馬」があるのもここです。

★奥社奉拝所2
a0026568_010069.jpg
a0026568_0102593.jpg
向かって右側のキツネ像。
宝珠をくわえています。

★伏見稲荷裏参道前交差点
a0026568_0105934.jpg
a0026568_0112548.jpg
ここは旧街道で伏見から京都市内へ抜ける道になっています。
道幅狭いくせに、参拝客や観光客また抜け道を行く車でごった返す
要所にもなっています。

★伏見稲荷裏参道付近街道沿い
a0026568_0134735.jpg
a0026568_014935.jpg
上記の交差点より少し南に下がった場所。
墨染めさんに変身した稲荷が見てるのは花屋さんなのだが
営業してるとこを見たことない・・

★稲荷橋
a0026568_0143731.jpg
a0026568_015745.jpg
疎水をまたぐ橋。
左へ行くと神社方面。右は京阪・伏見稲荷駅方面。

★トダ理容
a0026568_0155935.jpg

a0026568_0164495.jpg
疎水沿い。
人と・自転車しか通れない歩道。
「たまこまーけっと」にも登場します。

★お食事処いなりその1
a0026568_0221383.jpg
a0026568_0223535.jpg
お腹の減ったいなりがのぞき込むお店。伏見稲荷駅からすぐそばにあります。
いなこんポスターはそこらで目にすることができるw

★ローソン伏見稲荷駅前店
a0026568_0231772.jpg
a0026568_0241369.jpg
ナンパから逃げて師団街道方面へ。
距離にして200mもない。

★お食事処いなりその2
a0026568_0245484.jpg
a0026568_0253727.jpg
丹波橋に保護されて再びお店へ。左が中華屋。右はおかき屋。

★お食事処いなり店内
a0026568_0281454.jpg
a0026568_0283668.jpg
非常に味わいのある店内。
放送後、TVを見てきた人が数名訪れてるそうです。
青っぽい器が麺類なので、柄の器は丼ものだと推定。
※お店の方の許可を得て撮影しています。

★伏見稲荷神社・講務本庁付近
a0026568_0314487.jpg
a0026568_0322414.jpg
ここの場所が定かではないが
おそらくここだろうと断定。


各場所、かなり丁寧に書き込まれてるため探すのに言うほど苦労しませんでした。
いなりの通学路はあえて詳細書きませんでしたが、すぐに分かると思います。
映像は春~夏くらいなので、青々していますが、いかんせん冬場は晴れ間が少ないし
木がスカスカなのが残念至極です。



※舞台比較に用いた画像は「いなり、こんこん、恋いろは。」第1話より引用しています。
なお、著作権は©2014 よしだもろへ/KADOKAWA 角川書店刊/いなり製作委員会に帰属します。
[PR]
by tobeyan | 2014-01-23 01:15 | 舞台探訪
有頂天家族・聖地探訪6
5話の「金曜倶楽部」からの流れで、弁天と矢三郎と淀川教授が宴会から抜け出して
寺町通アーケードの上を彷徨う・・・。

なので、第6話についてはほとんど特定できてません。
監督が実際にアーケードの上に登って取材されたそうですが、一般の人は立ち入ることができないのでにっちもさっちもいきません。

唯一わかったのはこんなもんかなぁと。

★御幸町蛸薬師通り
a0026568_645338.jpg
a0026568_651645.jpg
年月の経過とは恐ろしいもので
サークルK(と思しき)だったコンビニがオシャレカフェに様変わりΣ(゚д゚lll)ガーン

a0026568_682947.jpg

a0026568_684227.jpg
寺町通りはこっちだよねぇ?とへべれけな淀川教授

★寺町御池通り
a0026568_692526.jpg
a0026568_6101751.jpg
淀川教授をタクシーに乗せてお見送りするところ


この位置関係はすこぶる正確で
寺町通りアーケードから降りれるのは、西側の御幸町通りのみ。
東側は新京極通りでこれまたアーケードがあるからと考えるのが一般的ではないだろうか?
降りて御幸町を北上すれば御池通りに出るが、酔っ払いが歩くなら歩行者専用の寺町通りを歩くのが安全だと推測する。
原作では河原町通りからタクシー乗ってるんだけどねw

※舞台比較に用いた画像は「有頂天家族」第6話より引用しています。
なお、著作権は©森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族」製作委員会に帰属します。
[PR]
by tobeyan | 2013-08-29 06:28 | 舞台探訪
有頂天家族・聖地探訪5
やっとこさ5話目をアップ。
今回のメインは「金曜倶楽部」。
しかし、お座敷(高額)へは入れないので界隈を撮ってきました。

★四条木屋町
a0026568_0463766.jpg
a0026568_0465611.jpg
冒頭での1シーン。
「金曜倶楽部」の会合が、ここ木屋町や先斗町で行われるというのを匂わせる場面。

★大丸百貨店地下・四条通地下通路1
a0026568_0482018.jpg
a0026568_0484065.jpg
「朱硝子」のマスターと話し込む場面。大阪に逃げていた矢三郎がやっと京都に戻ってきたところに・・・

★大丸百貨店地下・四条通地下通路2
a0026568_053745.jpg
a0026568_054480.jpg
鞍馬山の天狗たちをお供に買い物帰りの弁天と遭遇寸前。

★四条寺町通
a0026568_0571940.jpg
a0026568_0581084.jpg

弁天から逃げて、母と待ち合わせの喫茶店へ向かう道中

a0026568_155060.jpg
a0026568_162063.jpg
逃亡生活を続ける矢三郎の隠れ家とする骨董店

a0026568_1102095.jpg
a0026568_1104038.jpg
実際も骨董店。骨董店なのにホントに「おじゃこ」売ってました。

★三嶋亭
a0026568_1125677.jpg
a0026568_1131640.jpg

三条寺町通り。さっきの骨董店から北にまっすぐ行くとたどり着く

a0026568_1222320.jpg
a0026568_1224017.jpg
京都の老舗すき焼き屋「三嶋亭」。
明治6年創業。超高級店だが一見さんお断りではないので、食べれないこともない。

a0026568_1162224.jpg
a0026568_116589.jpg
食べれなくもないけど、いつでも行けるからまぁいいや、とするのは京都人の考えだったりする。

★志賀越道
a0026568_1273115.jpg
a0026568_1274867.jpg
自宅へ帰る淀川教授。

a0026568_129263.jpg
a0026568_1293910.jpg
怪我して倒れてる母を見つける淀川教授。

a0026568_1304733.jpg
a0026568_13129.jpg
傘を投げ出し駆け寄る。

小説には「一人で北白川を歩いていたら・・・」とあるが、実際は比叡山に向かう道中。
夜一人で歩くほど明るくはないし、民家も言うほど多くはないところ。
いつもは自転車で廻るけど、さすがにここはクルマで来訪。

※舞台比較に用いた画像は「有頂天家族」第5話より引用しています。
なお、著作権は©森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族」製作委員会に帰属します。
[PR]
by tobeyan | 2013-08-26 01:35 | 舞台探訪
有頂天家族・聖地探訪1追加
まさに、この時期しかないので再現すべく「古本まつり」開催中の下鴨神社へ。

★下鴨神社参道・糺の森
a0026568_0292013.jpg
a0026568_030627.jpg

a0026568_030247.jpg
a0026568_031320.jpg

矢四郎がカワイくてしかたないw

とりあえず第1話分追加してみました。

※舞台比較に用いた画像は「有頂天家族」第1話より引用しています。
なお、著作権は©森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族」製作委員会に帰属します。
[PR]
by tobeyan | 2013-08-18 00:33 | 舞台探訪
有頂天家族・聖地探訪4
第四話は「大文字納涼船合戦」
後半はほとんど空撮?
いやいや、こればっかりは空想の産物なのでいかんともしがたいです。

愛宕山騒動のシーンは、京都市内にある愛宕山頂上にある愛宕神社を使用されてます。
小中と遠足でよく登ったもんですが、いかんせん標高900mあるもんでこの炎天下の中
よう登りませんw
なので、体力のある諸兄方はどうぞ。
気が向いたら登ろうかなぁ・・・

★出町柳
a0026568_2224330.jpg
a0026568_223392.jpg
いわずもがなの出町柳駅。

a0026568_2283010.jpg
a0026568_2291961.jpg
出町柳駅から西方向にある枡形商店街の手前、出町橋を渡った賀茂川の西詰め土手。
ちなみに高野川と賀茂川が出町デルタ(三角州)で合流して、初めて鴨川となる。
京都人なら大体知ってるが、県外の人が知ってると鼻が高い。

a0026568_22191031.jpg
a0026568_22192972.jpg
さっきの土手の手前。
奥の橋が出合橋。山の中腹のハゲてるところが、大文字山。
この辺いったいを含めて如意ヶ嶽と呼ぶ。
すなわち薬師坊が仕切ってた縄張りエリア。

a0026568_22273038.jpg
a0026568_22274879.jpg
下鴨家の納涼船(奥座敷)に招かれ、下鴨神社にやって来た赤玉先生こと薬師坊。

a0026568_22305318.jpg
a0026568_2231972.jpg
いそいそと来たのがバレるとカッコが悪いと時間をつぶす赤玉先生w

a0026568_2240699.jpg
a0026568_22401946.jpg
わざとらしい会話をする二人。意外と気に入ってるシーンでもある。

※舞台比較に用いた画像は「有頂天家族」第4話より引用しています。
なお、著作権は©森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族」製作委員会に帰属します。
[PR]
by tobeyan | 2013-08-14 22:45 | 舞台探訪



きっと何者にもなれないお前たちに告げる
by tobeyan
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
自己紹介
◆名前◆ 
ナイス30’s な「とべやん」です

◆年齢◆
40歳が見えてきた38歳

◆仕事◆  
大阪の某放送局でお仕事中

◆最近のお気に入り◆
iPhoneは手離せない

ブログパーツ
カテゴリ
全体
日記
オススメ!
気になること
いくぜ!MTB
ゲーム小僧
マンガ小僧
はんなり京都
京都の説明書
ガンダム カードビルダー
映画の窓
築城日誌
1枚の写真
I LOVE Tシャツ
大人なおもちゃ
子育て
築城日誌
舞台探訪
ドッツ(dots)
フィギュアの世界
サバイバルゲーム
今週のブログテーマ
動画
歩数計
タグ
(154)
(45)
(29)
(23)
(21)
(21)
(20)
(19)
(16)
(13)
(11)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
ライフログ
おすすめマンガ
おすすめブック
オススメCD
おすすめDVD
フォロー中のブログ
(試運転中)
WorldlyDesires
12345
Fuxokあれこれ
はい こちらサポセン。
ぽっとの陽だまり研究室
エムログ
もっと Hashi-motto
シャペルの部屋
山崎絵日和 黎明編
吉村智樹の街がいさがし ...
VOODOOな日々
ぱんでもにぅむ・ぶろぐ
マイ・ファニー・タクシー...
色白美人*イロジロビジン*
HipDrops
KIBE.POSSIBL...
週間山崎絵日和
自転車ゆるり 新着案内(...
へうげもの offici...
tomomilk
とりあえず
*******
みなみ千里のおばちゃんロック
以前の記事
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 08月
2013年 07月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 02月
2010年 09月
2010年 07月
2009年 12月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧