「いなり、こんこん、恋いろは。」BD/DVD絶賛発売中/6.14・15「いなりんぴっく2014」開催・・・聖地巡礼6をUP<最終記事更新>3月27日
タグ:京都 ( 45 ) タグの人気記事
有頂天家族・聖地探訪3
更新滞っていてすいません。
京都は盆地ゆえ、夏は地獄のような猛暑です。
慣れないと茹でてしまいます。
機動力が自転車ゆえその辺ご勘弁を・・・。

★下鴨神社
a0026568_13174849.jpg
a0026568_21242070.jpg
矢一郎が矢三郎に土下座してお願いするシーン
a0026568_13214930.jpg
母に蹴られて半身水没する矢三郎(古本まつりでたくさん人がいたので未回収)
a0026568_1343749.jpg
a0026568_21343398.jpg
矢三郎と夷川海星の結婚話を解消しに来た夷川早雲(ピンボケですね、すいません)
a0026568_13432145.jpg
a0026568_21354257.jpg
激怒した母が「くたばれ!」と罵って夷川早雲を追い返す

★出町枡形商店街
a0026568_13433349.jpg
a0026568_21391851.jpg
出町枡形商店街(阿闍梨餅は激ウマなので一度食べられることをオススメする)

★コーポ枡形へ向かう道
a0026568_13435074.jpg
a0026568_21452225.jpg
a0026568_1344354.jpg
a0026568_21503254.jpg
「たまこまーけっと」でもおなじみの「うさ湯」(銭湯として営業しておりません)
a0026568_13441696.jpg
a0026568_21491275.jpg
商店街からの道のりがほぼ忠実です

★出町橋
a0026568_13442844.jpg
未回収です
a0026568_13443957.jpg
a0026568_2156223.jpg
出合橋で会話する矢三郎と岩屋山金光坊

★出町柳駅
a0026568_13445872.jpg
a0026568_2237171.jpg
出町柳から涼しい京阪に乗って帰る金光坊
a0026568_13452495.jpg
a0026568_22395975.jpg
見送る矢三郎と矢四郎

★三条高倉
a0026568_22471337.jpg

a0026568_22473224.jpg
三条高倉交差点
a0026568_1346658.jpg
a0026568_22483489.jpg
アイキャッチの地図では「西崎源右衛門商店」は京都文化博物館の対面にあるという設定だが、実際は三条麩屋町の「白竹堂」さんが正解。ここも立派な老舗の扇屋さん
a0026568_13462632.jpg
未回収

後半部分の源右衛門商店の店奥の先が、どこかの海の時計塔に繋がる話だが
この時計塔はまったくの空想の建物ではなく、モデルとされる建物がここ三条界隈に存在する。
それがどこかはヒミツ。


※舞台比較に用いた画像は「有頂天家族」第3話より引用しています。
なお、著作権は©森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族」製作委員会に帰属します。
[PR]
by tobeyan | 2013-08-11 22:59 | 舞台探訪
有頂天家族・聖地探訪2
今回は撮り逃しが多く、かなり反省の回。
第2話は、雨シーンおよび日没が大多数のためちょっとイメージが違ってくる。

★六道珍皇寺
a0026568_1902440.jpg
a0026568_1912027.jpg
先週に引き続き、次兄・矢二郎が棲む井戸のあるお寺

★矢二郎がいる井戸
a0026568_19154149.jpg
a0026568_19161926.jpg
通常見ることはできない井戸。地獄へ通った小野篁が使ったとされる 「冥途通いの井戸」「黄泉がえりの井戸」の二つの井戸が見れるのは今だけ。
しかし、井戸の中は撮影禁止なのでご注意。あと特別拝観料が要ります(600円)

★東大路・四条通(八坂神社前)
a0026568_2151885.jpg
a0026568_2174336.jpg
雷に怯える母上の元へ、雨の中を疾走する矢三郎。六道からの東大路を北上するルートなので、地理的には正確。

★東大路・若松通
a0026568_2128519.jpg
a0026568_2128395.jpg
さらに北進する矢三郎。レトロ・アンティークなお店はついつい見とれてしまいがち。兄弟で裁判沙汰を起こした某有名鞄店のすぐ近所。

★東大路・冷泉通
a0026568_21352688.jpg
a0026568_21432953.jpg

母の前に矢四郎を迎えに行くことを思い出し、冷泉通を左折する

★夷川発電所(冷泉通)
a0026568_221356.jpg
a0026568_2215556.jpg



★夷川発電所(橋上1)
a0026568_21585412.jpg
a0026568_21591376.jpg
金閣・銀閣兄弟に囲まれて狼狽する矢四郎の前にかっこよく躍り出る矢三郎
橋の名前忘れてしまいました(; ・`д・´)

★夷川発電所(橋上2)
a0026568_225387.jpg
a0026568_2255092.jpg


★夷川発電所(橋上3)
a0026568_2272860.jpg
a0026568_2291484.jpg
ケツをかまれて川に投げ込まれた銀閣

★夷川発電所(橋上4)
a0026568_22162610.jpg
a0026568_22171338.jpg
虎になった長兄・矢一郎と対峙する金閣

★夷川発電所(橋北側)
a0026568_2221598.jpg
a0026568_22212786.jpg

母上の元に急ぐべく、矢一郎が呼び出した自働人力車

★ボンボンカフェ(今出川通・加茂大橋西詰)
a0026568_22264486.jpg
a0026568_22262686.jpg
ビリヤード場のマスターが「狸が出て大騒ぎした」とされる喫茶店。実際はビリヤード場もこの喫茶店の一部。

★川端・今出川通
a0026568_2233376.jpg
a0026568_22335354.jpg
加茂大橋の東詰角

★加茂大橋(東詰め下)
a0026568_2236536.jpg
a0026568_22354299.jpg
母が夷川海星に助けてもらった橋の下。狸じゃなくて、猫がいた。

★鴨川河川敷(東側)
a0026568_22381490.jpg
a0026568_22384830.jpg

駆け寄る下鴨家の人々。




※舞台比較に用いた画像は「有頂天家族」第2話より引用しています。
なお、著作権は©森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族」製作委員会に帰属します。
[PR]
by tobeyan | 2013-07-21 22:45 | 舞台探訪
有頂天家族・聖地探訪1
先日より放送始まりました、森見登美彦原作・TVアニメ「有頂天家族」の第一話に出てきた
場所をいくつかピックアップ

★下鴨神社
a0026568_21252448.jpg
正式名は賀茂御祖神社。
2013年の下鴨納涼古本まつりは、8月11日(日)~16日(金)


★夷川発電所(関西電力・夷川発電所)
a0026568_21193998.jpg
大きな水たまりは琵琶湖疏水の貯水池

a0026568_21391523.jpg
北垣国道の像とレンガ造りのアーチが目印

a0026568_21412830.jpg
もっとローアングルでしたね

★六道珍皇寺
a0026568_21431595.jpg
平安時代の貴族・小野篁がここの井戸より地獄へ通ったとされる
ちなみに蛙になった矢二郎がいる井戸もココ
井戸の特別公開は2013年7月13日(土)~9月30日(月)
※8月1日(木)~19日(月)は拝観休止

★百万遍
a0026568_21513089.jpg
東大路通・今出川交差点
残念ながら、書店が「餃子の王将」に変わってました。
Googleのストリートビューはまだ大丈夫。

★出町柳・川端通
a0026568_222088.jpg
三角デルタの入り口付近から。
木があったためこのアングルが限界。
カラス天狗は飛んでません。

★出町枡形商店街
a0026568_2271216.jpg
「たまこまーけっと」のモデルとなった商店街
a0026568_2293857.jpg
アーケードを泳ぐ巨大な魚のオブジェが特徴。下に「有頂天家族」のポスターが!

★寺町通
a0026568_22161440.jpg
四条通からすぐの入り口付近
繁華街なので夜はもっと人が多いかも
a0026568_22175955.jpg
六角通り上ル
シャッターが降りるとそうでないのとまた雰囲気が違ってくる

★南座
a0026568_22201372.jpg
菊水ビル入れ忘れました。
ここも夜と昼とでは雰囲気変わってきます。

★南座・西側階段
a0026568_22213781.jpg
赤玉先生が階段に腰をかけ、矢三郎が迎えに来た場所

★川端通
a0026568_22285233.jpg
上記の階段からすぐ南の歩道沿い
帰る方向が逆(出町は北方面)ですが、老人おんぶしてウロウロするくらいならすぐにタクシー乗る。

★金曜倶楽部会合所
a0026568_2224301.jpg
四条・川端通から鴨川河川敷に降りて北に上ってすぐの場所。
室外機4つが大きな目印。まぁ看板も名前違いだけど。
ちょうど対面に矢三郎が矢を射った場所もあり。


ほぼ忠実に背景描かれてるのは優秀です。
今後も京都の各所が描かれるので要注目です。

※舞台比較に用いた画像は「有頂天家族」第1話より引用しています。
なお、著作権は©森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族」製作委員会に帰属します。
[PR]
by tobeyan | 2013-07-08 22:38 | 舞台探訪
チャリブラ「伏見・名水巡ってお腹タポタポ」その2
すいません、その1はヘロヘロになって書いたので、途中で断筆。
腐った脳で文章書いてもまったくおもしろくもなんともないですから。
あ、腐ってない状態でもさほどおもしろいかどうかは図りかねますが・・・(爆)

さて、長建寺をあとにした我々は、目との先の『月桂冠大蔵記念館』(さかみづ)へ。
a0026568_03922.jpg

今回写真を撮りそびれたので、以前自分が撮ったものを借用・・・orz

言わずと知れた、あの月桂冠です。
やはりここでも、地下水を利用して酒造りをしています。
昔の古地図の前でワイワイしてたら、月桂冠の人が伏見の歴史を語ってくれました。
いやぁ、地元に住んでても知らない事はたくさんあるものです。

『月桂冠大蔵記念館』にはお酒の資料館があります。入館料たったの300円。安べぇ!!
でもって、お土産つき。
a0026568_019479.jpg

つまり、入館するともれなくお酒が付いてくる!資料館は実質タダ!!


お次はすぐ近所のこれまた造り酒屋の「キザクラカッパカントリー」(伏水)。
a0026568_026173.jpg

残念ながら、ここのお水は出ていなかったので飲むことはできませんでした。
別に枯れた訳ではないと思います。


黄桜をあとにして、次にやって来たのは、なにかと鳥料理で有名な「鳥せい本店」(白菊水)へ。
ここへご飯を食べに来る人と、お水を汲みに来る人の列が絶えません。
いくら無料で水が汲めるとはいえ、ひとりで長時間占拠はKYです。
長時間並ぶほどボクたちはヒマじゃないのです。


お昼ご飯は、世にも珍しい酒粕を使ったラーメン屋『玄屋』へ。
お店中お酒の香りがプンプンではなく、ラーメンの中にほんのり香る。
酒粕ラーメン以外にも、カレーラーメンや普通に醤油ラーメンがあるので
また来たくなるお店です。
食べた事はないのだけれども、ここの「鳥の唐揚げ」がめっちゃウマそう・・・(゚д゚)


食べた後は運動です。
伏見の台所「大手筋商店街」を抜けて、『御香宮』(御香水)へ。
この神社の山門は、桃山城の大手門を移築したものらしい。けっこう立派です。
相変わらず写真ないのが、今回の大反省点。
a0026568_0453289.jpg


境内でバザーをやってたのと、お宮参りでけっこう人でごった返してました。


ここを最後に、名水巡りはひとまず終了。
その後、急勾配な坂にヒィヒィ言いながら「伏見桃山城」へやって来ました。
a0026568_050408.jpg

ほんの数年前まで、ここに遊園地があって天守閣にも入れたのですが
今じゃ、ただの運動公園と化し、立派な天守閣も宝の持ち腐れです。

世間は歴史ブームと言うのに、城を有効利用できないという体たらく(゚Д゚)ゴルァ!!



とまあ、こんな感じで
a0026568_0541711.jpg

スタンプラリーはコンプリートできませんでしたが
のんびりしながら伏見の町を散策するのは楽しいですよ。



次はもっとがんばって写真撮ります。

文章ばっかりつまらんはと言う人はコチラ
[PR]
by tobeyan | 2009-06-03 00:55 | いくぜ!MTB
チャリブラ「伏見・名水巡ってお腹タポタポ」その1
じつに久しぶりのHipDrops(健全なチャリ乗りチームです)チャリ乗り企画です。
言いだしっぺはこのワタクシ。
地元と言うことで、一度企画が流れた「伏見・名水巡り」をリベンジ。

地下に水がたくさん伏しているから・・・伏し水・・・伏見・・・バンザ~イ!
冗談ではなく本当です。
今もその地下水はコンコンと湧き出ています。
ゆえに、京都・伏見は兵庫の灘に次ぐ銘酒の産地なのです。

毎年、伏見の名水11カ所を巡るスタンプラリーを5月の1ヶ月間やっています。
チャリだから1日で全部廻れなくもないけど、ブラブラっと中書島を出発。

今回の企画に参加してくれたのは、いつものヤマサキさん。
そして、HipDropsのイベントに初参加のTくん。

まずやってきたのは、京阪中書島駅すぐの『長建寺(閼伽水)』
a0026568_018583.jpg

「言語・音楽・学問」「商売繁盛」の弁財天を祀る寺。
山門が竜宮城みたいな感じです。
ここで超変わったお守りが売ってるのですが、写真をお見せできないような造りなので
ぜひ、その目で確かめてください。スゴイよ、ほんとに。




その2へ続く
[PR]
by tobeyan | 2009-06-02 01:27 | いくぜ!MTB
へうげもの展 in 京都
一見のみで 腹よじれる器が欲しいのだ

週刊モーニングで好評連載中の『へうげもの』が、京都・たち吉とコラボした展示企画を
4月29日より京都四条・たち吉本店で開催しております。


むぅ、へうげファンならここはおさえておかねば!
ってことで、4月30日が休みだったので、ヤマサキさんとQちゃんとで行ってきましたよ。

a0026568_17492214.jpg

ポップなポスターは、およそ老舗・たち吉にはそぐわない感があるが
道行く人の目には必ずとどまるインパクト大。

a0026568_1803166.jpg


a0026568_1814583.jpg

a0026568_182216.jpg


現代の名工による器の数々・・・
器のすごさに惚れ惚れしつつも、値段を見てガクガク((((;゚Д゚))))
け、けっこうなお手前で。

まあしかし
買わぬとも、愛でるだけでも楽しい展示内容なので存分に楽しめますよ。

a0026568_18101338.jpg

マンガと器のコラボ・・・あると思います。


「へうげもの展 at TACHIKICHI」
2009.4.29~2009.5.12
京都四条・たち吉本店にて

[PR]
by tobeyan | 2009-05-03 18:22 | はんなり京都
京都に鉄道博物館ができる!?
JR西日本によると、京都市下京区にある『梅小路蒸気機関車館』の西側に
鉄道博物館を整備する計画があると京都市に届け出たそうです。

なんでも、大阪市港区にある『交通科学博物館』が手狭で展示スペースの拡大ができないため
この梅小路の広い敷地に目を付けたようです。

総敷地面積はおよそ3万平方メートル。
2014年度の開館を目指すと言うことです。

しかし、残念なのが上記の「交通科学博物館」の展示品を、この新施設に移し規模を縮小するとか。
将来的に、東京みたいなことになるのかな?

新たな観光スポットで注目を浴びるか、白紙撤回なるのか
今後の行く末を見守りたいです。

場所はグーグルマップで確認を。
[PR]
by tobeyan | 2009-02-25 02:11 | はんなり京都
京都の説明書2
好評でもないですが、独断的に続けます。



・舞妓さんを見ても驚かないが、おしろいを塗っていない舞妓さんには
ちょっとテンションがあがる

・舞妓さんの9割が地方出身だが、観光客が減ると怖いので内緒にしている

・餃子1日100万個、鶏肉1日3000kg、卵1日5万個の中華なお店は京都発祥

・京都には牛車専用の駐車場は無いが、騎馬警官は実在する

・名探偵コナンより目川探偵の方が有名

・京風〇〇という言葉にイラっとする

・京都の「たぬきうどん」は、あんかけに刻み揚げとネギと生姜がのっかったものをいう

・京都の人間すべてが漬物好きだとは限らない

・ドラマや時代劇のロケ地に敏感=すぐ場所が特定できる

[PR]
by tobeyan | 2009-01-10 02:36 | 京都の説明書
京都の説明書
〇型の説明書て本が去年バカ売れしましたが、こんなのもどうかと思い作ってみました。
全部が全部そうではないので悪しからず・・・。



・全国にある「小京都」を心の中でははせせら笑っている

・京都の人はよそ者に冷たいと言うが、案外そうでもない

・『かたつむり大作戦』が何の大作戦か知っている

・土下座前といえば、三条川端通り角のあそこ

・京の通り名、縦筋は唄えるが横筋はあまり唄えない

・「清滝峠」「深泥ケ池」「東山トンネル」「周山街道」と言えば〇〇スポット

・「にしんそば」は有名だが京都人はあまり食べない

・宇治の小学校の水道は、蛇口をひねればお茶が出てくる

・山科区をあまり京都市の一部と思っていない

・初雪が降ると金閣寺に積もる雪の映像を見て「またか」と思う

・集団で托鉢するお坊さんを見ても平気

・「上ル、下ル」「西入ル、東入ル」を正しく理解している

・敬う対象には人でも物でも「〇〇さん」とよく付ける

・必ず一度は北野天満宮の丑のアタマを撫でたことがある

・四葉のタクシーに乗ると幸せになる

・「京福(電車)」より嵐電と言う




思い出したらまた追加します。
こんなのもある、という情報があればお寄せください。
[PR]
by tobeyan | 2009-01-07 00:39 | 京都の説明書
半夏生
今日から7月です。
早いもんで、カレンダーの半分が終わっちゃいましたね。

さてさて、世間ではあまり知られていないようですが、雑節のひとつで太陽が
黄経100度にある夏至から11日目の7月2日ごろを「半夏生(はんげしょう)」と呼びます。

半夏(烏柄杓)という薬草が生えるのを目安に、田植えなどの農作業を終える節目だそうです。

関西では、『蛸』を食べる習慣があるそうです。
たこ焼きやの店チラシにそう書いてました(笑)
なんでかは調べてくれい。

ま、土用の丑の日に『鰻』食べるような感覚かもしれませんね。

7月と言えば、京都では祇園祭期間に突入です。
宵山・鉾巡行がすべてではありません。
7月すべてが行事です。いや、ホントに。

まだちょっと気は早いですが、雰囲気だけでもどうぞ。
祇園祭 南観音山 お囃子公開練習(Youtube動画より)

鐘の音色が涼しさを感じさせませんか?
[PR]
by tobeyan | 2008-07-01 00:23 | はんなり京都



きっと何者にもなれないお前たちに告げる
by tobeyan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
自己紹介
◆名前◆ 
ナイス30’s な「とべやん」です

◆年齢◆
40歳が見えてきた38歳

◆仕事◆  
大阪の某放送局でお仕事中

◆最近のお気に入り◆
iPhoneは手離せない

ブログパーツ
カテゴリ
全体
日記
オススメ!
気になること
いくぜ!MTB
ゲーム小僧
マンガ小僧
はんなり京都
京都の説明書
ガンダム カードビルダー
映画の窓
築城日誌
1枚の写真
I LOVE Tシャツ
大人なおもちゃ
子育て
築城日誌
舞台探訪
ドッツ(dots)
フィギュアの世界
サバイバルゲーム
今週のブログテーマ
動画
歩数計
タグ
(154)
(45)
(29)
(23)
(21)
(21)
(20)
(19)
(16)
(13)
(11)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
ライフログ
おすすめマンガ
おすすめブック
オススメCD
おすすめDVD
フォロー中のブログ
(試運転中)
WorldlyDesires
12345
Fuxokあれこれ
はい こちらサポセン。
ぽっとの陽だまり研究室
エムログ
もっと Hashi-motto
シャペルの部屋
山崎絵日和 黎明編
吉村智樹の街がいさがし ...
VOODOOな日々
ぱんでもにぅむ・ぶろぐ
マイ・ファニー・タクシー...
色白美人*イロジロビジン*
HipDrops
KIBE.POSSIBL...
週間山崎絵日和
自転車ゆるり 新着案内(...
へうげもの offici...
tomomilk
とりあえず
*******
みなみ千里のおばちゃんロック
以前の記事
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 08月
2013年 07月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 02月
2010年 09月
2010年 07月
2009年 12月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧