「いなり、こんこん、恋いろは。」BD/DVD絶賛発売中/6.14・15「いなりんぴっく2014」開催・・・聖地巡礼6をUP<最終記事更新>3月27日
タグ:映画 ( 13 ) タグの人気記事
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の中身がスゴすぎた
公開初日の土曜日に見てきましたよ。
レイトショーを見ようとしたら、ほぼ満席だったので
晩飯どきの7時の回を選択。

映画グッズを売ってる売店で、ヱヴァグッズを物色。
なかなか心を揺さぶるグッズ群にアタフタしつつも、荷物になると思い

「終わってからでいいや」

とあっさり上映前の購入をスルーし、開場までしばし時間を潰す。
しかし、これが大きな誤りになるとも知らずに・・・。

さて、
ここからネタバレ・オンバレードで行きますよ。
だって、言わずにおれんのだもの。

見たくない人は、残念ながらここでサヨナラです。









































さぁ、準備はできたかい?



と、思ったけどやっぱり劇場で見てください。
これは1800円以上の価値がある!!


とある場面でグっときてしまい
小生、ちょっと泣いてしまいそうでした。

アスカがね・・・。
シンジがね・・・。
レイがね・・・。



予習でテレビ版を見ていると話が見えやすいかも。
いろんなところで、テレビ版とは違うのでその発見に一喜一憂するも良しです。

それにしても今回、パンチラシーン多過ぎ!

それにしても、UCCやローソンがスポンサーだからって露骨に描写しすぎなのが
ちょっとイラってきた。

ミサトさんの愛車ルノーA310改大破後の新車が「帰ってきたウルトラマン」に出てくる
MATの「マッハビハイクル」なのはワロタw

最後に、グッズが欲しけりゃ映画を見る前に購入すべし!
パンフはネタバレ満載なので、映画終わるまで開封厳禁!!
[PR]
by tobeyan | 2009-06-29 02:11 | 映画の窓
帰ってきた!「交響詩篇エウレカセブン」
小生の大好きなアニメ「交響詩篇エウレカセブン」がなんと劇場版として
ゴールデンウィークに公開が決まったそうです。 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

タイトルは『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい
a0026568_35272.gif


なんしかエウレカは音楽がカッコイイのよ。
このアニメだけに関して言うと、音楽から入ってもいいと思う。
それぐらい秀逸。

脱線したので元に戻って・・・
公開日決定に伴い2月14日から前売り券が発売されます。
キャラクターデザインの吉田健一による特製描き下ろしポスターが
特典として付くとのこと。

公開される劇場が東京・テアトル新宿、大阪・テアトル梅田、名古屋・伏見ミリオン座の
3館とちょっと少ない。今後増える可能性もあるそうですが・・・。

とりあえず、先の楽しみができたのはうれしいな。
あ、エウレカのパチンコもリリースされてんだっけ?
ひさびさに行ってみるか。
[PR]
by tobeyan | 2009-01-27 03:10 | 映画の窓
『スカイ・クロラ』
「もう一度、生まれてきたいと思う?」

「スカイ・クロラ」のTVCMで語られるこの言葉。
このストーリーのすべてが、この言葉に詰まってんじゃないかと小生は思います。

押井作品の多くは哲学的な台詞回しや描写が多いのですが、今回のこの「スカイ・クロラ」は
かなりシンプルにうまくまとめあげられ、監督の言う「若い人たちに伝えたい事がある」という
題目を見事にこなしています。

なので、今回は非常に見やすい作りなんじゃないかな?
謎はいっぱいあるものの、それはストーリーを追うごとに明らかになっていく。



「生きることのすばらしさ」とかいうそんなチープなものじゃなく
「何のために生きている?」ということを何度も自問自答させられてしまった。


何度、君と出会い、

何度、空で戦い、

何度、君と愛し合ったんだろう


主人公、カンナミ・ユーイチのセリフの意味がわかったとき、キュンと切なくなってしまった。

終わらない、愛と生と死の物語・・・俺なら受け入れることができるだろうか?
[PR]
by tobeyan | 2008-08-04 00:45 | 映画の窓
映画「イキガミ」の公開は2008年9月
世間ではあまり騒がれてませんが、そろそろワイドショーも注目し始めるんじゃないでしょうか?

映画化決定の話を去年の秋に記事にしましたが、ここに来て再びアクセス数が増えてます。
気になってヤフーで「イキガミ 映画」と入力して検索すると、なんと上から4番目に小生の
ブログが・・・・(2008.5.16現在)

ただ、「イキガミ」と検索しても映画の公式ページにたどり着きにくいのもどうかと思うが。

映画『イキガミ』公式サイト
http://www.ikigami-movie.jp/

予告編(特報1)が見れますが、松田翔太はなんか違うなぁ。
あと、「逝紙」こと「死亡予告証」も原作と微妙に違うし、なんだか・・・なんだかね。
[PR]
by tobeyan | 2008-05-16 01:40 | 映画の窓
それは2008ねん8がつ30にち(土)に公開されるだろう
「終わり」が始まる・・・・。
待望の実写映画「20世紀少年」の第1章の公開日と
キャスティングの発表がありました。

「ケンヂ」・・・唐沢寿明
「オッチョ」・・・豊川悦司
「ユキジ」・・・常盤貴子

個人的に「オッチョ」はハマリ役かな?と思うものの
「ケンヂ」はう~ん?そうかぁ??って感じがしましたが。
やや日本人離れした顔つき、ワイルドさに少し欠けてるような・・・。
皆様はいかがでしょうか?

公式ページは少しワクワクさせます。
『20世紀少年』
http://www.20thboys.com/
[PR]
by tobeyan | 2008-02-05 01:15 | 映画の窓
『イキガミ』 映画化決定
a0026568_1334672.jpg

巷で話題沸騰のマンガ「イキガミ」がこのたび
映画化されるようです。

公開時期は、来年2008年・秋ロードショー。

「ヤングサンデー」のお知らせには
約50ほどのクライアントからオファーがあったそうな。

まあ、話も話題性も良くできてるし、映像化はしやすいもんね。

今後気になるのは、キャスティング。
主人公、誰でもできそうな気がするが、安易に人気俳優とかは
やめてほしいな。
[PR]
by tobeyan | 2007-09-15 01:34 | 映画の窓
2067年、日本ハイテク鎖国開始
去年は映画不作の年でしたが、今年は何かと注目作品の多い年ではないかと思います。
そんな中から、個人的に注目している作品をピックアップ。

ベクシル -2077日本鎖国-

STORY
21世紀初頭。人類に延命効果を持ち出したバイオ・テクノロジーとロボット産業が急速に
発展を遂げたことにより、日本は市場を独占し世界を大きくリードした。

しかし様々な危険性が指摘されるようになると、国連はこれらの技術を厳格に
規制することを求めた。

日本政府は、その要求に従うどころか、反旗を翻してわが道を行く決定を下したのだった。
その決断とは・・・。

「日本鎖国」

2067年、日本はハイテク技術を駆使した完全なる鎖国をスタートする。
その後の日本の情勢は秘密のベールに包まれたまま、10年が経過した。

そして、2077年。
米国特殊部隊SWORD所属の女性兵士、ベクシルは日本への潜入作戦を実行する。
しかしそこでベクシルが目にしたのは、想像を絶する光景だった。

延々と続く荒涼たる地・・・
これがハイテク技術の末にたどり着いた、真の日本の姿なのだろうか?
この10年間、本当の日本の姿を見た外国人は誰一人としていない・・・。


この近未来SFストーリーを、映画「ピンポン」の曽利文彦が監督するフルCGムービー作品。
ボイスアクターに、黒木メイサや谷原章介・松雪泰子などの豪華キャスト陣。
また、音楽を「マトリックス・リローデッド」のポール・オークンフォールドが担当。

アメリカならやりかねないけど、日本が再び「鎖国」しちゃうってとこが意外。
他を寄せ付けないぐらいだろうから、よっぽどのハイテク武装があるんだろうね。
おそらく「核兵器」なんてのも、簡単に退けるくらいのなにかがあるのだろう。

8月ロードショーと、まだ先はありますが
観たい度はそこそこかなあ。
まだまだインパクトに欠ける気もするが、真の日本の姿は気になるね。


「ベクシル -2077日本鎖国-」
公式サイト
http://www.vexille.jp
[PR]
by tobeyan | 2007-05-18 00:39 | 映画の窓
劇場版「どうぶつの森」
公開が間もなく終了というので、日曜日に嫁と見てきました。
30代の夫婦が子供(まだ8ヶ月だっしぃ)も連れずに・・・という周りの目線もなんのその。

元来、映画自体はそんなにノリノリで見る気は無かったのですが
前売り入場券に、なんと『金のアイテム』のいずれかをプレゼントと来たもんだから
なんのためらいもなく、即購入。だって、金のアイテムでっせ。
お金を出して、買ってるようで・・・ああ、大人ってイヤだ(笑)

映画の内容ですが、ズバリ・・・おもしろいです。

ゲームの世界観を崩さずに、よくまとめあげたなあと
感心してます。


「あい」という女の子が、どうぶつ村に引っ越してくるところから始まります。
着いた早々、たぬきちに店の手伝いを強制的にさせられます。(ゲームといっしょ)
家のローン云々はさすがに言ってなかったな。

やがて友達ができ、村の住人とも仲良くなってくい。
春・夏・秋・冬と村の四季の移ろいとともに。

ストーリーの軸となるのが、主人公あいとサリーの友達関係。
「友達」って大切だよ、っていうメッセージ性みたいなものを感じましたが
ご覧になった方はいかがでしたでしょうか?

ゲームの要所でもある、「虫とり」「釣り」「化石探し」などはもちろんのこと
「花火大会」や「雪祭り」などのイベントごともしっかり織り込まれてます。

例の流浪のキャラクターもしっかり登場。

ゲスト声優もなかなか豪華で、、「リセットさん」の声がキム兄やん
あのまんまの関西弁が炸裂してましたね。

最後に・・・
ストーリーとしては実によくできていたと思います。
TVアニメにしても、人気出るんじゃないですかねえ。
テレ東さんあたり、やらんかな?

公開はだいたいのとこで、今週いっぱいです。
時間に余裕のある方はどうぞ。

劇場版「どうぶつの森」公式HP
http://www.doubutsunomori-movie.jp

おいでよ どうぶつの森
/ 任天堂
ISBN : B0002FQD8G
スコア選択: ※※※※※

今度は
[PR]
by tobeyan | 2007-01-17 03:04 | 映画の窓
秒速5センチメートル
どれくらいの速さで生きれば、きみにまた会えるのか。

小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里。
二人だけの間に存在していた特別な想いをよそに、時だけが過ぎていった。
そんなある日、大雪の降るなか、ついに貴樹は明里に会いに行く……。
貴樹と明里の再会の日を描いた「桜花抄
その後の貴樹を別の人物の視点から描いた「コスモナウト
そして彼らの魂の彷徨(ほうこう)を切り取った表題作「秒速5センチメートル」。
3本の連作アニメーション作品。 (公式サイトより)


監督・脚本・演出・作画・美術・編集などの作業を一人で行ったフルデジタルアニメーション
「ほしのこえ」(2002)の新海誠の劇場版最新作。


最近つくづくあの日に戻ればなあと思う日々。
今がイヤになったんじゃなくて、あん時もっとウマくできてたらなあという願望です。
ゆえに、こういう映像作品を見ると自分だけの世界にトリップしてしまう。

自分のことはさておき、
新海誠氏の描く風景はどの作品を通じても「キレイ」なんです。
本来登場人物のほうに惹かれるもんですが、いつまでも見ていたいと思わせる風景
ってそうそうないもんです。(「雲のむこう、約束の場所 」を見た感想)

あと、音楽もけっこうどこか切なくてさびしいような琴線にふれるような音色です。

「秒速5センチメートル」公式サイト
http://5cm.yahoo.co.jp/index.html
なにわなくとも予告編を見て欲しいです。
また、後の新海誠作品の原点となった完全自主制作作品「彼女と彼女の猫」も必見!

ちなみに、秒速5センチメートルは桜の葉の落ちるスピード
[PR]
by tobeyan | 2006-09-10 20:09 | 映画の窓
待ってられない、未来がある
最近巷でアニメ映画「時をかける少女」の評判がいいと聞く。

あの筒井康隆の同名小説のアニメ版。
俺がちっちゃい頃には実写でもやってたな。
内容忘れたけど。

あまり告知CMやってなっかたし、単館上映で巡ぐりでやってるらしいのだが
「見てよかった」率が非常に高いみたいです。(「ゲ〇戦記」よりも)

そんなこと言われたら見たくなるのが心情です。

ああ、どうしよう・・・。
[PR]
by tobeyan | 2006-08-19 02:13 | 映画の窓



きっと何者にもなれないお前たちに告げる
by tobeyan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
自己紹介
◆名前◆ 
ナイス30’s な「とべやん」です

◆年齢◆
40歳が見えてきた38歳

◆仕事◆  
大阪の某放送局でお仕事中

◆最近のお気に入り◆
iPhoneは手離せない

ブログパーツ
カテゴリ
全体
日記
オススメ!
気になること
いくぜ!MTB
ゲーム小僧
マンガ小僧
はんなり京都
京都の説明書
ガンダム カードビルダー
映画の窓
築城日誌
1枚の写真
I LOVE Tシャツ
大人なおもちゃ
子育て
築城日誌
舞台探訪
ドッツ(dots)
フィギュアの世界
サバイバルゲーム
今週のブログテーマ
動画
歩数計
タグ
(154)
(45)
(29)
(23)
(21)
(21)
(20)
(19)
(16)
(13)
(11)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
ライフログ
おすすめマンガ
おすすめブック
オススメCD
おすすめDVD
フォロー中のブログ
(試運転中)
WorldlyDesires
12345
Fuxokあれこれ
はい こちらサポセン。
ぽっとの陽だまり研究室
エムログ
もっと Hashi-motto
シャペルの部屋
山崎絵日和 黎明編
吉村智樹の街がいさがし ...
VOODOOな日々
ぱんでもにぅむ・ぶろぐ
マイ・ファニー・タクシー...
色白美人*イロジロビジン*
HipDrops
KIBE.POSSIBL...
週間山崎絵日和
自転車ゆるり 新着案内(...
へうげもの offici...
tomomilk
とりあえず
*******
みなみ千里のおばちゃんロック
以前の記事
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 08月
2013年 07月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 02月
2010年 09月
2010年 07月
2009年 12月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧